無料ブログはココログ

人気blogランキング

« 平成24年度、盛岡山車 全写真掲載!!!! | トップページ | 新年初更新。 »

2012年10月 8日 (月)

平成24年 岩手町秋祭り Photo by KENさん


10月に入り、秋深まる中、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回は、久々の投稿のご紹介です!
ハンドルネーム・KENさんより頂きました、
本年の岩手町秋祭りの写真を掲載いたします!!

まずは新町組様。

風流 八岐大蛇 / 見返し 大黒様  です。

20121005_142525

20121005_142554

風流の八岐大蛇の構図は、
盛岡観光コンベンション協会が平成21年(2009年)に
盛岡秋まつりで出場した八岐大蛇に似ておりますが、
殺伐とした龍の雰囲気と神々しいスサノオの対比は、
以前、盛岡で出場した山車とは大きく雰囲気が異なりますね!!

盛岡の八岐大蛇は、「荒神」のスサノオと龍の対峙という感じ、
こちらの八岐大蛇は、「神」であるスサノオと暴れ龍という感じでしょうか。


見返しの大黒様も、ふくよかで大きく、
五穀豊穣の神にふさわしい出で立ちだと思いました。


続いて新町組様。

風流 釣鐘弁慶 / 見返し 復興祈願 二見ヶ浦

20121005_142607

20121005_142629


新町組様の山車は、釣鐘弁慶。
大きな釣鐘を引き上げる弁慶の姿が力強く、
非常に「重さ」を感じる飾り付けだと思いました!

見返しは、復興祈願として、
伊勢・二見ヶ浦の夫婦岩を飾っております。

夫婦岩に上る朝日と、砕ける波の形に、
これからの被災地の復興への願いを
非常に感じ取れた演題でした。


続いて、の組様。

風流 願復興 大鯛   です。

20121005_142840

20121005_142902

盛岡においては、昭和25年(1950年)以降出ていない、
今や幻の山車ともいえる大鯛!!!!!!!!!
沼宮内の山車として、こういった山車が制作されるとは
思いませんでした。

そしてこの山車は、沿岸の大漁祈願、
一日も早い復興の祈願として
大変ふさわしい演題だと思いました。

盛岡では、「納め物」やこの「大鯛」など、
神への捧げ物を奉る演題が飾られなくなって
既に半世紀以上。

「明治の山車」も復刻し、次は是非、
こういった「捧げ物」の山車を
盛岡市街地で見る日が来たら嬉しいなぁと思う
今日この頃です(笑)



次は、愛宕組様。

風流 碇知盛 / 見返し 平時子 です。

20121005_142933

20121005_142912

愛宕組様は、久々の「碇知盛」です。
以前出場した際には、小脇に碇を挟んだ姿でしたが、
今回は、高々と碇を掲げ、今まさに海に飛び込まんとする
平知盛の姿を飾ります。

現在放映中のNHK大河ドラマ「平清盛」でも、
これから活躍の場が増えるであろう、清盛の四男・知盛。
その鬼気迫る最後の姿を非常にリアルに再現していると思いました!


最後に、ろ組様。

風流 畠山重忠 一の谷の合戦 / 見返し 沼宮内甚句踊り

20121005_142946
20121005_143009

ろ組様の山車は、畠山重忠の一の谷の姿を飾ります。

平安時代末期の一の谷。
源義経が颯爽と駆け下りた鵯越で、怪力を誇った
畑山重忠は、馬を傷めないようにと、馬を担いで下りたと
伝わります。

力強く坂を蹴り降りる重忠の姿が、
ダイナミックに生き生きと飾られていると思いました!
真下から見たときの迫力、きっとすごいんだろうなぁと思いました。


以上、今年の沼宮内・岩手町秋祭りの様子でした!

KEN様、ありがとうございます!!!!
岩手の山車祭り、これで大きいお祭りは一段落ですね。

関東は、これから、埼玉・川越祭や秩父夜祭など、
大きい山車祭りがまだまだ控えています!!!!

また、そういったお祭りのレポートも今後行えればと思います!






« 平成24年度、盛岡山車 全写真掲載!!!! | トップページ | 新年初更新。 »

最近のトラックバック

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30